支援内容について

ガーナではポリオなどの疫病や、事故などの理由で多くの人々が障害を持ち、その数は全人口の10%、実に200万人にも及ぶと言われています。そして現在も多くの身体的障害を持つ人々が、日々さまざまな困難に直面しています。彼らにとって最も重要な課題とは、経済的、精神的な側面を含むあらゆる意味での自立です。本作の主人公エマニュエルは、昨年夏ガーナ議会で成立した障害者保護法の草案をはじめ、ガーナ国内で一人でも多くの障害者が社会の一員として充実した生活を送ることが出来る様、今なお精力的に活動を続けています。

 

障害者が自立する為の第一歩として、可動性を持つこと・・・つまり、誰にも頼ることなく、自分の力で自由に動き回ることが出来るようになるということ。それは彼らにとって、人生を変える大きな力となります。エマニュエルの人生が一台の自転車によって変わったように、車椅子一台で、誰かの人生を変えることが出来るのです。

 米カリフォルニア州サンタアナを本拠地とする非営利団体Free Wheelchair Mission
(http://www.freewheelchairmission.org)は、第三諸国を中心とした対象国に、1台あたり$44.40米ドル(日本円にして、約5,300円)と非常に安価な簡易組立式車椅子の寄贈・配布を行ってきました。 本オークションの収益金は、在日ガーナ共和国大使館を通じ、Free Wheelchair Missionによるガーナ共和国在住の障害者に対する車椅子の寄贈に充てられます。

 なお、本オークション収益金総計の発表、及び支援結果報告は、映画「エマニュエルの贈りもの」公式ホームページ、及びTOKYO FMホームページ上で行わせて頂きます。
◆オークション期間: 5月28日(月)19:00 開始 〜 6月22日(金)19:00終了◆